2016年8月30日:食欲をコントロールするコツのようなものがあれば教えてください。



Q

はじめまして。

ティアランさんの本とても素晴らしくこれを機にいろいろ学ばさせていただいております。ところで質問なのですが、食事の量を減らし質を変える(菜食にする)のも愛と思い実行しているのですが、どうしても週に2日くらい異常な食欲についつい負けて食べ過ぎてしまいます。食べた後は罪悪感とともにまた気合を入れてがんばるのですが、どうしても続きません。なにか食欲をコントロールするコツのようなものがあれば教えて頂けませんでしょうか。

A

 頑張らないことをおすすめします。

頑張るということはまだ曖昧アイマイな部分があり、納得しないまま無理に「やるぞ!」って時に捻出する、エネルギーです。日々の暮らしにおいて、私たちはこの頑張るという事が多すぎて、エネルギーを膨大に無駄使いしてます。それがドカ食いやストレスの原因です。

私たちは知的生命体なので、分かったらオートマティックに出来るようになっています。納得すれば自然とそれを行うようになる、そんな素晴らしいシステムを内蔵しています!

 まずは何事も納得いくまで知ることが重要です。脳や体を誤魔化さず本質を知れば、対処法は簡単に導ける。それを行う訓練をちょっとやったら、惰性がコース変更してスイスイ進み、無理な頑張りによるエネルギーの浪費が無くなる上に、自身に満足感を与えます。出来る感、やってる感を得ると、生きるのに自信や余裕が生まれます。

 本来、私たちの体が機能するのに必要なソースは大体、今の進化度合いですと、食物から摂取するカロリーが 20%ほど、電子や光子などのエネルギー(目に見えない気とか電化質)が80%です。   しかし、人は20%のカロリーの方だけで生きていると勘違いしています。だからいっぱい食べても満足しませんし、元気が出ない、疲労感が取れない。 ドカ食いすると消化で負担増。

私たちに不足しているのは食物・カロリーではなく電化質エネルギーです。この主要部分の80%を満たしてやればドカ食いの欲求は生じません。現代の私たちはエネルギー飢餓の状態です。

エネルギーを摂取する行いをしていないのに、周りに気を使ったり、無理して頑張ったりと微少なエネルギーを無駄使いしまくっているのです。昔は食物がエネルギーを蓄えていて、食べものからもエネルギーを摂れましたが、今はエネルギーのない活きていない食物が殆どです。

私たちがまず第一に目覚めることは私たちが物体では無く、エネルギーを主とした存在であるということです。良質な電化質エネルギーが満たされてれば食料危機でも、少量の水と草などで人類は充分に生きられます。ただ、他の有毒な負荷がなければです。

現代の社会は有毒な物質が多い上に、その上良質な電化質エネルギーを摂取することに私たちは無頓着で、さらに無断使いばかりしています。要は良質な電化質エネルギーで満たしてやればいいだけです。残念ながら多くの人が人からエネルギーを取ろうと、無い者どうしで奪い合っています。

自然は多くのエネルギーを私たちに分け与えてくれますし、それが気持ちよく嬉しい気分になれば感謝の気持ちが湧いて自然にもその喜びと感謝のエネルギーが波動として通じ相互作用で良質な電化質が共に行き渡ります。美しい自然を愛メでただけでも疎通ソツウし同じような相互作用が生じます。

虹や星空、気持ちのいい風、夕焼け、小鳥のさえずりや大空を羽ばたくシルエット、あなたが心奪われるような美はあなたに感動という最上級の良質なエネルギーを与えてくれます。

人の姿や目に気を配っても、なかなか心奪われるような美は見つかりません。けれど、人の内面を感じる時、ちょっとした優しさが喜びを運んでくれます。本来、人のエネルギーはものすごい出力なのですが、私たちはそれを忘れています。あなたがエネルギーリッチになりエネルギー美人になり、ちょっとした優しさや微笑みがこぼれ出していれば周囲の人を幸せにし相互作用が生まれます。それは自分を激的に変え、周りを助け、あなたを取り巻く現実も変え、社会を世界を変えるほどのエネルギーです。その実感を得た時あなたは今まで味わったことのない充足感や自信を得て愛で生きはじめます。

ティアラン

Posted in: Q&A