2016年5月1日:食べ物を残すことは、悪い事になるのでしょうか?



こんにちは。
食べ物を残すことは、悪い事になるんでしょうか?
食べれる分だけ、感謝して食べて、残すのは?
残さずにたべて、身体が悪くなる方が、よくないと
思うのですが。
食べられる植物、動物達も、それについて、どう思っているんでしょうか?
宇宙的には。
子供達には、どうさせたら、いいのでしょうか?
妻との、この事に関しては、理解が合いません。
よろしくお願いします。

A

食も人の進化の度合いで個人差があります。
自分の波動と合わないものをたくさん食べていたら肉体の許容量を越え悪影響を及ぼすのは当たり前です。

本来、人体は食料から摂取するエネルギーと空間に存在する電子的エネルギーの両方を摂取して生きています。人体は食物エネルギーからのカロリーを食から得て、魂は空間に埋め尽くされた電子的エネルギーをオートマティックに取り入れます。人体は実のところ結構省エネです。

物質世界の波動に同調している人は、物質や人体重視ですので食物摂取エネルギーに傾向しますし、魂=霊的直感的な事が目覚めている人は、電子的エネルギーでかなりの範囲を網羅できますので、さほど食に頼らないようになります。

これは食欲にも関係しています。霊的に目覚めると、自分に合わない波動の食物をあえて食べたいとは思わなくなります。そのうち食物の摂取量もかなり減っていきます、これは無理をしてではなく、自然とそうなります。むしろ、人体の重い波動を維持するのが辛く感じるので食べることにも興味がなくなったり、食べるとかえって疲れるようになります。

この頃の子供たちは進化したタイプがほとんどですので食べるのが辛かったり苦手だったりします。親が無理矢理波動の低い食べ物を健康の為だと思い込んで与え続けると、高い軽い波動の子供たちにとっては大変な負担になります。健康のためと思って不健康にしてしまっている事に気づけないのは親と子の進化のレベルの相違による誤解と無知によるものです。世間は今までの食の在り方に固執したがりますが、私たちは確実に進化していますので、そのスピードの差が社会的な無知の原因です。

あなたはこの事に気づいていらっしゃるようですが、奥さまは従来方式なのでしょうか?

夫婦間の意識レベルや霊的進化の相違はよくあることです。彼女の意も汲んであげながら、優しく子供たちと彼女に向けて伝えてあげてください。

「動物も植物も生きていて、命があるんだよ。僕らはその命をいただいているんだから、ありがとうって感謝しようね、だから自分が必要な分だけにしようね。ちょっと足りなくっても悲しくはないけど、多くて残して捨ててしまったら悲しい気分になるもんね。」

こんな感じではいかがでしょうか。動植物にも奥さまにも子供たちに対しても愛をもっていることが私たちの進化の証です。動物や植物を単に食べ物としか感じられないのは人の身勝手=エゴのなせるわざです。命に対する共感や共鳴に欠けていると魂は萎縮してしまいます。何故なら私たちはすべて生命同士の共鳴でエネルギーを生み出していることを魂は知っているからです。自分で自分の首を絞めていることに魂レベルだけではなく、意識レベルで理解する時が来ています。
素晴らしい時代がやってきました。

ティアラン

Posted in: Q&A