2016年3月21日:発達障害の子どもたちの数が増えているのは、アセンションと関係があるのでしょうか?



Q

つらい出来事を乗り越えようと書籍を探している時、なぜか「私は宇宙人」が目に留まり、夢中になって読ませていただきました。このサイトに、つらい出来事を乗り越えるヒントも書かれていました。心より感謝申し上げます。

さて、私は発達障害の子どもとかかわることが多いです。近年、発達障害の子どもたちの数が増えています。このことは、アセンションと関係があるのでしょうか?

また、自分自身、大人の発達障害だと思うことが多いです。だから、発達障害の子どもたちへの理解を訴えるのですが、軽くあしらわれてしまいました。一人一人の幸せが大切と思うのですが、集団として動ける大多数の人々の幸せが優先されてしまう現状があります。 アセンションが起これば、このようなこともなくなっていくのでしょうか?

A

私たちの住む現在の地球環境は私たちの心と体の健康にとって好ましい状態でしょうか? 目に美しく、耳に心地よく、いい香りがして、風が爽やかで、食べ物が活き活きとして、水が体をきれいにしてくれる…もし、そんな環境だったら心や体の病がこうも増えるでしょうか? 人は穏やかで人々は愛に満ち自由で安らげる、そんな世界だったら地球と地球に存在しうる病とはDNA的なエラーや何らかのハプニングによる怪我のたぐいだけになるでしょう。

 発達障害は自分や親のせいではありません。この世の環境によるものです。 もし愛で満ちた世ならば病は起こりづらいし、起こっても治せる技術が出回るでしょうし、人と違うことがさほど問題ではないのです、できない事は他者が補える、ただそういうこととなります。

何事にも差別よりも愛の手が差し伸べられるのが愛を基礎とした進化した世界観=アセンションした世界です。 今、私たちの生きる環境は充分に満足な状態でしょうか?生き物としてヘルシーな状態でしょうか?この世の中に昇華=進化=次元上昇=アセンションは必要でしょうか? 必要なことは起こる、ただそれだけです。 多くの人がこのままではいけない、そう感じることでアセンションは起こります。 このままではダメ…なら、どういう世の中ならいいのか? これを多くの人々がイメージできるようになると、アセンションは変化として現れるようになります。

そのために私たちはこれではダメだ…ではなく、こういうのがいい!こういうふうにしよう!こうすればそんな世の中になる!という意識で今を生きればいいだけです。

アセンションは起こります、いいえ、もう起こっています。 とても多くの、私たちの善なる想いが変化=進化=アセンションを必要だと感じ行動し始めたからです。そういう発想に到達した人は差別や弱者切捨てなどということを変えようと自ら行っています。ですから、この過渡期にこの世の矛盾を変えようと気づいたあなたはどんな新世界にしようか?と楽しく自由に、いつも夢のような人類の未来を想い描いてくださいね!

 ティアラン

Posted in: Q&A