地球上で繰り広げられる阿鼻叫喚の残酷な現実について どう思い、どうある事が望ましいのでしょうか?



Q

本を読ませていただきました。 とても読みやすく分かりやすくて参考になりました、ありがとうございます。

現在世界のあちらこちらで起こり続けている紛争、そして多くの一般市民の虐殺、 そして異常気象による災害など世界のあちらこちらで多発していて、世も末と、 どれだけあがいてもこの世界は終わりゆくのかと見えます・・・

でも、こうした世界中の終わることのない、現実に今起こっている紛争や言語道断の 虐殺や悲劇などについて、自分たちはいったいどういうことが出来るのかと思うものの、 結局は何をどういっても、知ったとしても、こういった繰り返されてきた残酷な悲劇を 見るに忍びなく、感情的になってしまい、どうしようもなく悲しくなって泣いてしまったり することの繰り返しで、自分が生きていることややっていることがだんだんと意味なく 思えてきたりします。

でも、こうした現実があることを周りにも知って抗議に多くの人が立ち上がって欲しいと ブログやツイッターで情報の拡散をしたりするのですが。それも圧倒的にメディアの情報操作の ほうが強力なため、自分たちは無力だと感じて、何もやる気がなくなってしまいます。

実際、自分たちはこういう地球上で繰り広げられる阿鼻叫喚の残酷な現実について、 どういう思いで、またどういったあり方でいることが望ましいのでしょうか? 何かヒントがあればと思いましてお伺いしたく、よろしくお願いいたします。

A

私たちはTV等で貧困飢餓の子供や世界の悲惨な状況を目にします、私たちがもしも本当にワンネス、 エネルギー網で繋がっていると仮定してイメージしてみましょう。   私たちの殆どがそんな時、悲しい、しのびない、なぜこんなこと(怒)…となりますね。 その場合相手の気持ちをくむ、想像して自分の気持ちが想像上の負のマインドでいっぱいになります。 それは彼らの状態をそのままあなたが受け取ったに近い状態です。意識的に慈善団体やマスコミは悲惨な 状況を私たちに見せつけて私たちの気持ちを負に傾けます。そうやって世界中の私たちのマインドの状態を 負にセッティングし、私たちの霊性を封じ込め開花しないようにします。

地球全体のテンションも下がるのです。今の世界を操っている彼らは地球の次元上昇を妨げます。 そうなったら彼らは物理的にこの地球上で存在できなくなるからです。私たちは彼らのコントロールから 抜けられます、ちょっとした工夫で。

私はアフリカの子供をネット広告でよく見ます。募金のお願いです。でも、その大手の団体は世界の 主要大都市に素晴らしいビルを持っています。私は痩せ果てた子供を見ると、こう想います。

『知ってます!誰がこんな社会にしているのか。私たちはそのままにはしませんよ! 皆が幸せに生きられる世界を創るために、裏で私たちをおとしめている存在を明るみにし、そのような システムを終わらせる!だから、あなたにも希望を送る!勇気を送る!愛を送る!』って。

私たちは思いやりの気持ちを愛と勇気のエネルギーに変換できます。 あなたの活動が活きるのです。あなた自身も希望に満ちるはずです 。

ティアラン

Posted in: Q&A