世界大恐慌が現実味を帯びてきましたが、家族と愛を持って穏やかにその期間を過ごすためにはどうしたらいいでしょうか?



Q

はじめまして。とても興味深く本を読ませて頂きました。 さて、アメリカのデフォルトもいよいよ現実味を帯びてきており、少々ビビっています。 私は妻と一歳になる子どもがおりますが、もしデフォルト→世界大恐慌→失業や食糧危機、といった混乱になった際、 家族を守っていけるか、と思うと不安です。東京在住で、食べ物等も放射能汚染を極力避けられる様気を配っています。 いっその事、どこか山奥で自給自足の生活を目指そうかとも考えていますが、それも現実的かどうか、悩みます。 世の中が進化するためには、この様な混乱期は避けられないものですかね? その間は、サバイバルして生きて行かねばならないでしょうか。 愛を持って、その期間を穏やかに通過できないものかと思います。 どうかアドバイスを頂きたく、宜しくお願いいたします。

A

あなたは現実逃避せずにしっかりと現実を把握するためパワー=知恵を惜しまず取り組んで来られたようです。 あなたはこの先の現実世界の変貌の可能性をイメージできていて、少し霧が掛かってはいますがビジョンとして持っておられます。 あなたはそれだけの能力と家族を守ろうという意思があります。 こうした事態の時は都会にいればどうなるか、それがお分かりなので山暮らしのイメージも涌いていますね。   混乱期をなるべくソフトにするために今の人類社会がどうなのか?今までの人類社会がどうであったか?を誰もが知り、 その結果を踏まえ今自分がどう在るべきかを思考し進化する=知的ルネッサンスを推奨してきました。

しかし、地球人類の愛の思考レベル、愛への回帰=覚醒がぎりぎり成されていない方をどうにか覚醒させる為に今混乱があります。 世界的なレベルでも個人的なレベルでもそうです。 しかし、全ての人が混乱による覚醒が必要とは限りません。

あなたが出来ることは愛を実践して生きることです。 あなたが愛だけで行動するとしたら、あなたはどの道を選び何処へ行くのでしょう? あなたは既に答えを持っています。

私が申し上げることは多くの人に共通する提案です。 あなたとあなたの家族にぴったりの完璧な道筋をあなたは既に知っています。

朝、静かな公園や神社などにちょっと早起きして毎日30分身を置いてください。 あなたのチームがあなたの胸の真ん中にある扉=第一の脳(ハート)にひらめきを与えて、あなたが今ぼんやりと見えている プランがしっかりクリアに見えるようになります。その答えが来るまでそれを続けます。 生きている場の条件や制限を無視し、あなたが愛で在るならどうするかを純粋に問うてみます。 可能・不可能を第二の脳=頭で考えることは静止します。第二の脳の思考や社会という雑音はあなたの完全なプランを ぼやけたものにします。

この時期プラン無しで地球に来ているような無謀な人はいません。 ただ、感性が眠っていて忘れているだけです。 あなただけでなく奥様もそうしてくださると共にこの時代を生きる意味が深まります。 あなたがひらめいたとしても、奥様がそれに付いて来られない事の無い様に奥様自身も共に第一の脳を開き、ぜひ共にこの時期を 穏やかに乗越えてください。

問題は頭の硬くなってしまった大人たちです。大人が愛で大きな人となって始めて、人類はこの進化を遂げます。 あなたにぴったりの愛に満ちた穏やかな世界がもうすぐ現実となります。 ピクニックのプランを建てるかのように明るく楽しくひらめきを待ってください。 現実と呼ばれる幻想に飲み込まれずに、それを軽々乗り越える愛と喜びを!

新世界への準備を整えましょう。

ティアラン

Posted in: Q&A