アセンションにおける身体の変化なのかどうかの見分け方、仕事について



Q

「私は宇宙人」を拝見しました。最近、仕事のこと、自分の状態で答えを探していた時の内容に少し驚きですが、覚醒ボケ、と、突然の眠気と長すぎる睡眠について、本の内容と同じ現象であれば安心です。ただ、定かにわからないというのも正直なところで、連絡させてもらいました。この一年生命保険の営業という仕事ができません。意欲もない。他の仕事も思いつかず、ギリギリまで自分を大事にしようと心がけています。最近、身体が年齢よりは若くなったような気がします。眠るのがとても気持ちよく、心配なほど熟睡と半催眠状態とを繰り返してます。偏頭痛や耳鳴りなどで、検査するも異常なしです。健康のためのダンス系エクササイズは、問題なくできているので、うつ病ではないと思います
。ただ心がかなり痛んでいるのは自覚があります。記憶力が部分的になくなるのが病気なのかと思うこともあります。MRIでは、正常。
アセンションへ向けての活動はしておらず、すべての人の愛を持って接するのも、最近は抵抗があります。仕事にがむしゃらに打ち込んで今を打開すべきと思っても、1日で終わる状態です。移行に向けて自分が役に立てるには、生命保険業では役に立てる視点はあるものかお伺いしたいです。

A

今私たちは水面下でアセンションの作業を進めています。
ですから、体調の変化はその理由でも起こっています。
アセンションのため人体をアップグレードさせているという事です。
落ちるような眠気に襲われて困るというご相談を今まで何度も受けました。
皆さん六感で感じているのです、しかし今まで五感までしかないと思っていたので、ご自分でもどうにも説明がつかない状態だと思います。
今私たちは五感以上の感覚機能を獲得しつつありますから、その症状が病気や放射能によるネガティブなものなのか、それとも次元上昇による人体の必然変態とう素晴らしい贈り物を受け取っている為のものなのか、第六感を使って分かるようになりつつあります。
症状がある時、感じてください。静かに安心した気持ちの中で、ただ「これは何かしら?」とつぶやくように軽い気持ちで。
その時、勝手に想像してはダメです。脳は停止してください。分析や理解力なども要りません。そういった理性的な脳の情報は無視・停止します。
全く白紙のニュートラルでフラットな状態でいるのです。すると心の内と言いますか胸の辺りに何か感じます。
キュウと締め付けられる感覚やモヤモヤ、あるいは温かい安らぎなど・・・
魂や体からのメッセージを静かに感じ、受けとめます。
「ああこれは気持ちいいこと」あるいは「これはなんか胸がつまるな」等、感じたりもします。
こうするとポジティブな感覚かネガティブな感覚か分かるようになります。
これを瞑想と呼んでもいいのかもしれませんね。
何か知りたい時、迷った時は出来るだけ自然の多い静かな場所でこのようなことを試してください。全ての答えはあなた自身の本質がすでに知っていて、あなたが問いかけてくるのを待っています。都会でもちょっとした静かな木々の空間が在ります。
迷ったり気持ちが落ちた時はそういうところでしばし無の遊びを!
お仕事は気合で無理にやっても上手く行かないと思います。
何事も人を喜ばせたいという純粋で素直な気持ちにおいて成功成就する時代に私たちはもう移行しましたから。
あなたの優しさはあなたを癒すために。そして、その後に人を癒すため。
また、生命保険業では役に立てる視点が無いかというご質問ですが、それも、ご自愛あっての保険制度だと思います。
加入する人もお勧めする人も自分を愛し、いたわった上でその付加価値の安心、心のよりどころが保険なのではないでしょうか。

ティアラン

 

 

 

Posted in: Q&A